The main thing you need to know about Dearly Beloved is that you’ll hear them coming: they generate a furious sonic rumble that resonates from deep inside themselves, shaking the foundations of all you hold dear.

Dearly Beloved が ライブにやって来る前に、あなたが 、僕達のバンドについて知ってください。

僕達の深い感性からの馬鹿馬鹿すぎる、ソニック攻撃を僕達は作り出している。1番、音のデカイ、ライブを震えながら基本とは何かについて、動け無くなるだろう!

But for the more curious among you, some facts:

出だしの僕達の紹介文で興味を持った、現実の紹介文はここからです!

Rob Higgins plays bass. Jagged, roaring, deafening, feel-it-in-your-chest-cavity-or-am-I-having-a-heart-attack bass. He sings and writes songs, too.

Rob Higgins. ギザギザ、吠えまくり、耳が壊れる、あなたの胸から歯茎が感じ取る心臓発作ベース。曲も歌うし作曲もします。

Co-vocalist Niva Chow wails, mesmerizes, and hypnotizes like a banshee.

もう1人のボーカリスト Niva Chow, ゴースト的、魅力的、狂乱てきバンシーズ ボーカル!

Together, they thrash and howl and harmonize and bring equal parts melodiousness and dissonance to spin tales of defiance, humour, and FUN in the face of hard times and modern absurdity. They tour constantly, in their native Canada and US, in the UK, all over Europe. Fully-fledged keepers of the rock n' roll flame, but with the speed and primal energy of hardcore punks like Fear and Black Flag mixed with the brooding heaviness of Sabbath and the his / her vocal interplay of The Pixies and X. Creators of their own world with each new recording.

Dearly Beloved、彼ら2人は斬りつけ、轟、共鳴、完璧両性メロディー部分 そして クルクル回る不協和音に否定する感情、お笑い そして最後に頭が痛くなるぐらい楽しめる、モダン不条理ライブです!彼らは何回も続けて、母国カナダ、イギリス、ヨーロッパ、ツアーを展開してる。Fear と Black Flag を掛け合わせたスピード感と体力全快のハードコアパンク的、Black Sabbath 的血まみれ悪魔、the Pixies と X 的、彼と彼女のボーカルが交互して彼ら独自のライブとレコーディングをロック アンド ロールの在るべき姿として羽ばたいて行っています!

 

For their past releases, it’s been all about immediacy, intensity, capturing the moment as it happens. This time around, for the imminently forthcoming "Admission", a slightly different approach ...

彼らの今までの作品は2006年に発表した, 想像的、緊張感、起こった全てを取り込む作品。今回の新作は、" Admission" これは今までの世界感を保ち、又 、 違うアプローチが出来た。

The first “first” of note: working with a producer. Daniel Rey (Ramones, Misfits) is the first studio maven the band has entrusted to sit behind the control board, and his techniques were strenuous even for a notoriously hard-working band. “We played fifteen of the songs we’d written for the album live in a small, sweaty rehearsal space in East L.A. Eight hours a day, every day, for a week for Daniel,” recalls Higgins. “The twelve tunes that were still standing after that, got recorded. In 14 days. (Recorded at Dave Grohl’s Studio 606, on, you guessed it: the famed, custom built, '70s-era Neve 8028 analog console that gave us "Nevermind" and more than a hundred certified gold and platinum rock records.)

今回は最初の曲の作曲からプロデューサーとして働いてくれた、Ramones, Misfits などを手掛けた Daniel Rey だ。彼は最初のスタジオ入りからバンドを信頼して、スタジオのコントロールルームでじっくり見ていてくれた、そして、精神的サポート、悪い方向性に落ち行った時はハード ワークのバンドのメンバーとして支えてくれた。"  僕達は、15曲の曲を書き、小さいライブの様に、East ロス アンジェルスの小さい、暖かい雰囲気のスタジオで、8時間、毎日、1週間、ダニエルと過ごした " とヒギンズは思い出し語ってくれた。" そして、12曲がレコードとしての選曲が出来て、14日間に及ぶ、Dave Grohl の studio 606 で70年代の Neve 8028 アナログ コンソールの卓で録音が出来た。このスタジオはニルバーナのNevermind も録音した、数える事が出来ないぐらい数々の素晴らしい作品が録音した場所である。

For The Beloveds this time around was the first time that at least some of the songs were already road-tested, and had been forged—if not born—on tour. That could be why "Admission", multi-layered as it is, might be the closest the band has come to capturing their relentless energy.

今回の作品はこの様に感じてる、最初のアルバム The Beloveds この作品の時はライブ、ツアーで鍛え上げた曲を録音してた、この鍛え方で、今回の "Admission" はスタジオ ワークからの作品作りでも、ライブ感にある、いろんな要素がある作品となった、これは、ツアーをやり続けなければ、この作品は出来なかったであろう。

So, still a sense of immediacy and intensity, but tempered with thoughtfulness, shrewd reflection, and, it must be said, maturity.

この作品も今までの緊張感の振るい起こしと、その上の想像力の考えの良い温度、鋭い表現力、ひとえに言うと、彼らは大人と成長した。

The band’s sound and subject matter are as raucous and severe as they’ve ever been, but they’re clearly coming into their own, growing into the space they’ve carved out for themselves, expanding their dynamic range in every sense.

 バンドの音と主張性は今まで以上に鋭く、厳しい世界感を出している、それは、彼らが確実に彼らの音楽が宇宙で彼ら自身が体験して行く過程でねじ曲がりその過程でダイナミックに膨張して行ってる。

Says Higgins: “On "Admission" there is darkness and heartache, but also love and empathy. Dearly Beloved began as an outlet during some dark times that brought close friends closer. We described our first album (You Are The Jaguar, 2006) as ‘chaos tempered with love and delivered with great fury.’ That still applies. Maybe now more than ever. 

ヒギンズは今回の作品でこう述べている、"Admission" これは、暗闇韻と心の傷、又、愛と空虚。Dearly Beloved を始めた頃は、ダークサイドの僕達の友達、オーディエンスが近ずき、集まり始めた。僕達の最初のアルバム You Are The Jaguar は、その始まりはカオスの高温度での中の愛とその中での偉大なる馬鹿行動を贈ってきた、これは現在も続いている、だが、今はそれ以上のカオス・バンドだ!

JOIN OUR MAILING LIST!

Copyright 2012 dearlybelovedmusic.com